サーバ移転時にHOSTSを書き換えて強制的に新旧サーバを参照する方法

公開日:2011年3月18日
最終更新日:2015年7月19日

サーバ移転を行った際に、DNSが浸透するまでの過程で、パソコン(プロバイダー)によって新旧どちらのサーバが参照されるのかわからない状態となりますが、Windowsのhostsファイルを書き換えることで、好きな方のサーバを参照する事ができます。

hostsファイルの場所

Windows 7 /Vista/XP C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
Windows 2000 C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts
Windows 95/98/Me C:\Windows\hosts

スタート ⇒ ファイル名を指定して実行で「hosts」で検索してもOKです。

XPの場合

hostsをメモ帳などのテキストエディタで開き、一番下に参照したいサーバのIPアドレスとドメイン名を入力します。

このように、「IPアドレス+半角スペース+ドメイン名」を入力して保存します。

IPアドレスは参照したいサーバのIPですので、分からない場合はホスティング会社に問い合わせてください。

これで、ブラウザから該当のドメインを表示した際に、指定したサーバ(IP)で開く事ができます。DNSが浸透し、新サーバを読むようになった後に、旧サーバを参照したい場合などにも使えます。

Windows7の場合

Windows7でもXPと行うことは一緒なのですが、デフォルト状態だとhostsを上書き保存できなくなっていますので、事前に以下の設定が必要となります。

メモ帳を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

ファイル ⇒ 開くから「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\HOSTS」を選択し、あとは同じようにIPアドレスとドメイン名を入力し保存します。

場合によっては上記の方法では上手くいかないようです。その場合、合わせて以下の方法も試してください。

HOSTSファイルを右クリック ⇒ プロパティ ⇒ セキュリティ ⇒ Users ⇒ 編集 ⇒ Users ⇒ フルコントロールにチェック ⇒ OK

これをやればHOSTSが上書きできないという事はないはずです。

公開日:2011年3月18日
最終更新日:2015年7月19日

カテゴリー:WordPress関連記事

コメント


このページの先頭へ